森林を活性化させる間伐作業|専門技術を習得した職人

庭

費用が高くなる原因

樹木

10メートル以上の大木に成長するためには、長い時間が必要になります。住宅の庭に植えたときは、まだ数十センチでも時間が経つと、住民が管理できないほど大きくなることもあります。特にケヤキは幹が5メートル近くまで太くなることもありますので、太陽の日差しを遮ることもありますし、敷地からはみ出して一般道や隣の敷地に浸入することもあります。水と太陽の光があれば大きく成長するために、自分で伐採することができないほど大きくなってしまった大木は、業者に連絡して伐採してもらってください。

大木の場合は、クレーン車を持ち込んで作業を行ないます。近隣住民の安全も考慮して作業をしなくてはいけないので、大木をしっかりとクレーン車で釣り上げながら作業を行ないます。もし、倒すことが出来るスペースがある環境の場合は、ゆっくりと倒すこともあります。倒した方が作業が行ない安いですし、安全に作業することもできます。しかし、住宅地の大木を伐採するときは、倒すスペースがないときもあります。このような場所では空師と呼ばれている職人がロープで作業をしてくれます。ですから、大木の伐採は住宅の環境によって費用が変わります。また、伐採した後の大木を処理するかによっても費用が大きく違います。業者に処分を依頼する場合は、約1万円必要になります。クレーン車を使ったり、空師に依頼したりすると、合計で10万円以上になることもあります。まずはどのくらいの費用が必要になるのか把握するためにも、業者に連絡して現地調査をしてもらいましょう。